※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
チック・トゥレット症

2022年トゥレット症の息子のチックを振り返り&3大ニュース

2022年も息子のチックは見事な波曲線。今年もお世話になりました。今年を振り返りつつ来年の抱負も書いちゃいます。
チック・トゥレット症

溶連菌感染で息子のチックがPANDASではないと判明

Strep A (A群レンサ球菌)に感染したトゥレット症の息子。症状が出ていた時は3年ぶりにチックが全くなく、溶連菌感染でチックが出るPANDASではないということが判明しました。
書籍紹介

糖質は学力にも影響する!「食事で改善 親が怒らなくても 自分で勉強する子に」

ただの塾ではなく、糖質制限食を提供している三島塾。糖質制限することによる効果で勉強への意欲やパフォーマンスの向上について、数々の塾生の例から記されています。
書籍紹介

マリヤ・クリニックの発達障害治療体験集

日本で初めて分子整合栄養医学を取り入れたマリヤ・クリニックの柏崎院長による発達障害治療体験集の感想。栄養療法だけではなく低血糖症について興味深い症例もありました。
書籍紹介

溝口徹先生の本を2冊無料で読む方法

日本で初めて栄養療法専門のクリニックを開設された溝口徹先生。数多く出版されていて私も何冊か読みました。この度、kindle unlimitedの読み放題対象で無料で読んでみました。
栄養療法・非薬物療法

口内炎、大量ニキビ、水いぼ、カサカサの唇・・トゥレットだけでおさまらない息子の症状 ※追記あり

息子には口内炎、ニキビ、水いぼ、唇の乾燥など様々な皮膚の問題もあります。日本とイギリスでの対策を綴りました。
書籍紹介

「食べても太らず、免疫力がつく食事法」を読んで、親子の腸のケアの大切さを改めて確認

読み放題の対象だったので読み始めたら、親の私だけでなくリーキーガットや血糖値の乱高下を疑っている息子のためにもためになる情報が盛りだくさんでした。
日本帰省

ゆるい糖質制限は可能か?!日本帰省中の食事とUKに帰って来て一番に食べたもの

ゆるい糖質制限をしているトゥレット症候群の息子。日本では機内食を含め、様々な外食を楽しみました。そして帰って来て子ども達が一番に食べたかったものは、意外とシンプルでした。
日本帰省

日本で歯が抜けて歯の妖精が来なかったワケ

ここ1カ月で3本の乳歯が抜けた息子。イギリスには歯の妖精がいるのですが、1本は日本滞在中に抜けました。歯の妖精が来なかったのは日本だからという意味ではなく別の理由がありました。
日本帰省

USJのスーパーニンテンドーワールドでジャンプのチックが出た理由とトイレ頻回

体験入学を頑張ったご褒美はUSJのスーパーニンテンドーワールドでした。親子で楽しんでいたはずなのに、ジャンプのチックが出て夫と息子の関係が悪化。ジャンプのチックが出た理由は2つありました。